まるゼミレポート

第9回すなどり先生 – ネバネバメカブとの戦い –

第9回すなどり先生

今年度「すなどり先生」の最終回は、ねばねばメカブ!
11月に実施したハイブリッド漁師のショウイチ先生の登場です。
メカブがどう育っているか知らない参加者は、船上で大盛り上がり!最後には試食も…!?(2017年3月5日開催)

すなどり先生とは?

かつて漁師のことを「すなどり」と呼んだそうです。すなどり先生とは、気仙沼/唐桑の漁師が半日先生になり、気仙沼の高校生・中学生が弟子入り体験できるプログラムです。浜の漁師ぐらしの魅力=気仙沼の魅力をたっぷり伝えます!(毎月1回開催予定です)

今回のすなどり先生

第9回すなどり先生

参加者=弟子たち

気仙沼高校3年 1名(女子)
本吉響高校3年 1名(女子)
唐桑中学校3年 2名(男1女1)
唐桑中学校2年 1名(男子)
唐桑中学校1年 1名(男子)
       計6名

第9回すなどり先生

当日のスケジュール

08:00 集合・オリエンテーション
08:15 Aチーム出港・メカブ刈り
      Bチームメカブ削ぎ
09:30 Bチーム出港・メカブ刈り
      Aチームメカブ削ぎ
10:30 帰着・メカブ試食
10:45 感想シェア
11:00 解散

すなどり先生の4コマ。

第9回すなどり先生

第9回すなどり先生

弟子たちの声

  • 人生でもなかなか体験できないことだったので、充実した時間でした。またやりたいと思える体験!(高3女子)
  • 普段食べるメカブがこんなにも大変な作業を経て、自分の口に運ばれるんだと改めて感じました。このような活動を伝えていきたいです。(高3女子)
  • 楽しかったのでまた次回も参加します。この経験を活かして自分の将来につなげたいです。(中3男子)

第9回すなどり先生

ショートムービー 第9回すなどり先生CM「メカブ刈り」(終)

※リスク管理について:
遊漁船等の許可をとり 参加者は保険加入の上漁師さんによる監督の下 実施しています。

主催:一般社団法人まるオフィス
企画担当:加藤拓馬・根岸えま

協賛:
アサヤ株式会社
助成事業:
「しんきんの絆」復興応援プロジェクト

まるゼミ1分MOVIE