まるゼミニュース

気仙沼(大島)をサイクリングスポットに!(模擬クラウドファンディングページ)

このページは気仙沼市の中学生による「模擬クラウドファンディング」のページです。実際にご寄付をいただくものではありませんが「もし寄付をするなら◯円寄付する」という共感を可視化するため、最後のアンケートから金額をご記入いただけたら幸いです。授業中に文章を練り、休日に大島まで写真を撮りに行って作成したものです。それでは中学生が作成したページをご覧ください!(まるオフィス加藤拓馬)

※この「模擬クラウドファンディング」は終了いたしました。ご協力ありがとうございました。→結果はこちら(準備中)

 

「気仙沼(大島)をサイクリングスポットに!」プロジェクト概要

この企画は、サイクリストをターゲットとし、気仙沼市で自転車貸出事業を開始し、気仙沼大島をサイクリングスポットにしよう!というものです。気仙沼市立面瀬中学校の生徒4人がコロナウイルスの影響により財政難に陥っている気仙沼市を新たな事業によって救いたい!という気持ちで海洋教育の授業の一環で企画しました。出来るだけコロナウイルスの影響を受けず、尚且つ気仙沼の良さを生かすにはどうしたら良いのか。その二つ考えた結果、自転車レンタル事業を開始し、気仙沼市をサイクリングスポットにしてしまえば良いのではないか。という発想に至りました。そこで(模擬)クラウドファンディングを行います。この事業を通して、気仙沼の世界に誇れる素晴らしい魅力を体感して頂きたいと考えています。

気仙沼大島サイクリングの魅力!

  • 其の壱『島特有の海風を肌で体感できる!』
  • 島ならではの心地良い海風を、自転車だとより一層感じる事ができます。

  • 其の弐『頂上から見える亀山の絶景!』
  • 車では途中までしか行けないものの、自転車だと頂上までそのまま行くことが出来ます。亀山の頂上から見える景色は、世界に誇れる気仙沼の魅力と言っても過言ではありません。

プロジェクト立ち上げの背景

私たち面瀬中学校は、今年から海洋教育に力を入れており、授業の一環として気仙沼の魅力や課題について考えたとき、気仙沼は豊かな自然という素晴らしい魅力を持っているのに、いまいち観光関係の事業には上手く結び付けられていないと思い、このプロジェクトを企画しました。

寄付金の使い道

目標金額1,000,000円

  • サイクリング用自転車(約200,000円) 4台 約800,000円
  • サイクリングウエア(約10,000円) 16着(レディース8着、メンズ8着) 約160,000円
  • ヘルメット(約10,000円) 8個 約80,000円
  • 合計約1,040,000円

リターンについて

寄付してくださった方々にはリターンとして、計画実現までの道のりをレポートとしてまとめ、プレゼントしたいと考えています


(写真はイメージです)

貸出金額について(保険料込)

  • 自転車(延滞料金30分ごとに500円+)
  • 大人 2時間2,000円
  • 60歳以上 3時間1,000円
  • 学生300円-
  • ヘルメット別料金で+300円

当団体の紹介

宮城県、気仙沼市立面瀬中学校の3年生、4人で構成されています。
そしてこのプロジェクトは、まるオフィスの拓馬さんをはじめ、東洋大学の学生さんなどにアドバイスをいただきました。

皆様応援よろしくお願いします。そして機会があれば気仙沼にいらしてください是非お待ちしています!

こちら模擬クラウドファンディングのため以下のリンクよりアンケートにご協力よろしくお願いします。
金額を記入いただくアンケート(Googleフォーム)

まるチャンネル